成績アップの秘訣

成績を上げるために親ができることとは?

更新日:

はじめまして。東大出身で勉強コンサルをしています、松山シュウイチといいます。

このブログでは子供の成績をあげるためにどんなことが必要なのか、私が今まで見てきたお子さんたちの例をあげながら具体的なアドバイスをしています。

今回は子供の成績にとってもっとも重要な影響を与えるといって過言ではない、親の役割について説明したいと思います。

子供の成績が急に下がってきたり、いつまでたっても成績が伸びない、そんな悩みをお持ちのお母様、お父様は是非とも参考にしてみてください。

成績が上がらない子の親の特徴とは?

子供の成績を上げるための手法ややり方は色々あります。その子の特徴に合わせて、柔軟に対応する必要があるのですね。従って、これが「正解」という方法はありません。

一方でなかなか成績が上がらない子供の親には、共通してある特徴があります。

それは、子供の勉強のことをちゃんと見ていない、ということです。

勉強を見るというのはなにも一緒になって勉強する、ということではありません。

そうではなくて、子供がどういったところでつまづいているのかを、一緒になって考えているかどうか、ということです。

一見すると教育熱心に見えるような親でも、実際はテストの点数しか見ていないということが非常に多いです。そういった場合、点数を上げるために塾の時間を増やしたり、様々な学習教材に手を出したりと、いろいろな対策をとりますが、肝心のお子さんの状態についてはまったくといっていいほどフォローしていないんですね。

これでは上がるはずのお子さんの成績も、いつまでたっても上がりません。

私のところに相談にくるお母さんで非常に多いのが、成績表を持ってきて、最近はどんどん成績が落ちているのですがどうしたら良いでしょうか、と聞いてくるパターンです。

そういったお母さんに、1日の勉強時間はどのくらいですか、とか、塾や学校の授業についていってますか、と聞いても、多くの場合はあいまいな答えしか帰ってこないんですよね。

これではいつまでたっても問題は解決しません。

そこで私のアドバイスとしては、まずはお子さんの勉強のことについてしっかりと向き合って話し合いましょう、ということになります。

勉強のことは良く分からないからといって、塾や学校に任せきりにしないことです。今どんなことをやっていて、どういったところに苦手意識をもっているか。そういったことを丁寧に話し合うだけで、成績アップへの道は着実に近づきます。

それでは一体、どんなことを意識して子供と話し合うのが良いのでしょうか?

それは、なぜ成績が上がらないかについて、しっかりと分析をするということです。

ただ、分析と言ってもちょっと難しそうですよね。

そこで、私のおすすめする方法をご紹介したいと思います。

成績が上がらない理由はたった2つだけ

私の経験上、成績が上がらない理由については大きく分けるとたった2つの理由しかありません。

成績が上がらない理由を2つに分けて考えれば、その後の対策も立てやすくなります。

逆に、ただただ成績が上がらないといってオロオロしているだけでは、一向に問題の解決になりません。

お子さんの勉強のことについてしっかり見るのが重要だと述べましたが、それはここの部分をはっきりさせるためにどうしても必要だからなんですね。

ということで、お子さんがどちらのパターンに当てはまるのかを分析してみるということをしてみましょう。

その1 授業についていけていない

成績が上がらない最初の理由ですが、「授業についていけていない」というものです。

授業でやっている内容が理解できていない場合、あとで取り戻すのは大変です。したがって、基本的には授業中に全ての内容を理解できていることが大原則です。

ただ、理解のスピードというのは子供ごとにばらばらなんですよね。ですから、授業のスピードというのは本来はその子に合ったペースでおこなわなければいけません。

ところが学校や塾はほとんどの場合が集団指導の形式を取っています。その場合、だいたい真ん中くらいの子の理解度に合わせて授業を進めます。

そうすると上位の子にとっては簡単な授業になりますし、真ん中くらいの子もなんとかついていけます。そのため、クラスの雰囲気位は「これくらいなら分かって当然だよね」といった感じになります。

そのため、理解のスピードが遅いタイプのお子さんは授業中に分からないことを質問しづらい空気になってしまいます。お子さん自身も、分かったふりをしてやり過ごすクセがついてしまいます。

そのため授業が分からないということを親に相談しないことが非常に多いんですよね。

こうした子の場合、新しく集団塾に通わせたり、講習などをたくさん受けさせるのは逆効果です。

まずはこれまでやった内容を完璧に理解できるまで、何度も繰り返し指導することが重要です。あるいは、これから学校でやる内容を事前に勉強しておくという「先取り授業」を受けさせるのも効果が高いです。

こうした授業を受けるには、個別指導のタイプの塾や、場合によっては家庭教師をつけることが効果的です。

特に個別指導塾は生徒の理解度に合わせて柔軟に指導スピードを変えてもらえるため、こうしたお子さんにとってはプラスの影響がでる可能性が高いです。

ただ繰り返しになりますが、無理矢理に色々な内容を経験させるのは逆効果です。個別指導の塾に通わせたとしても、そこでの学習スピードがお子さんに合っていなければ意味がありません。

そのためにもやはりご両親は定期的に、お子さんが塾のスピードについていっているかどうかをモニターしてあげる必要があるのです。

その2 テストで点数を取るための方法が分からない

成績が上がらない理由としてもう1つあるのが、テストの点数を取ることが下手というものです。

このパターンとして良くあるのが、小学校まではテストでつまづいたことがなかったのが、中学校の定期テストが始まった途端に成績が下がっていってしまうというお子さんです。

こうした子どもの特徴として、授業の内容は授業中にしっかりと理解できているというのも、多く見られます。

結論から言えば、こうしたお子さんはテストのための勉強のやり方ができていない可能性が高いです。

逆にいえば、やり方さえ間違わなければ順調に成績を伸ばすことができます。

小学校までの学校のテストと違い、中学校以降の定期テストは出題範囲がかなり広くなります。そのため、どの部分から出題されるのかということが分かっていないと、テストで高得点を取ることが難しいのです。

そもそもテストで点数を取るための方法というのは決まっていて、要は出題範囲がどこかを予想し、その問題を何回も繰り返し解いて反射的に答えが出せるようにしておく、ということに過ぎません。

これは別に東大の受験でも同じことです。東大受験の場合は出題の範囲がより広く、やらなくてはいけないことが非常に多いというだけであって、テストに対する心構えとしては定期テストを受けるときと変わりません。

こうした「テストのための勉強方法」というのは、実は集団塾に通っていても身につきません。

そのため、しっかりと授業を受け、宿題をやっていれば良いとだけ考えているような子ほど、なかなか結果が出ないのです。

テストで点数を取るために必要なのはテクニックです。そして、そうしたテクニックはそれなりの方法で身につける事が必要です。

個別指導塾では学校の定期テストでどういった問題が出題されるか、地域ごとにしっかりと分析をされていることが多いです。定期テストのためにどの問題をどのくらい解けばよいのか、丁寧に指導してもらえるでしょう。

もう少し上の、総合的な受験テクニックなどが知りたい場合は、大学生の家庭教師が効果的です。彼らはつい最近まで受験勉強をしていたわけですから、どうやったら結果が出せるのかについて具体的なアドバイスを持っています。

こうした対策をきちんと取ることで、テストの点数は比較的簡単に上げることができるのです。

まとめ

今回は成績を上げるために親ができることは何か、というテーマを見ていきました。

ポイントとしては、子供の勉強の状況をしっかりと見ておきましょう、ということでしたね。

ただし勉強を見るといっても、親ができることは限られています。

学校の授業をそのまま家でも教えられる親は限られているでしょうし、受験テクニックやテストの点数を取るための方法は市販の本などを読んでいても分かりません。

このように親ではできないことについては、個別指導塾や家庭教師などの、いわば「外部サービス」を活用することが有効です。

一方で、子供の成績が上がらない理由についてしっかりと分析していなければ、こうしたサービスは子供の勉強の妨げになってしまうことさえあります。

ですので、是非ともお子さんの様子についてはしっかりと見てあげること、それが親ができる最大の行為なのです。

このブログに来られて、ここまでお読みいただいているご両親の方々は、子供のために何ができるかについてかなり真剣に考えていらっしゃるはずです。でなければ、今までの文章を最後まで読まず、戻るボタンを押してしまっているはずです。

そういう意味では、みなさまのお子様は素晴らしいご両親をお持ちのことだと思います。

是非ともしっかりと子供の様子を観察し、成績が上がらない理由について分析をおこなってみてください。

また、このブログでは子供の勉強などに関するご質問も承っています。お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから ⇒ お問い合わせフォーム

それでは、最後までお読み頂きどうもありがとうござしました。

子どもにぴったりの塾は体験授業で見つけよう

家庭教師や個別指導塾を選ぶ際に重要なのは、結局のところどんな授業を受けられるのかに尽きます。そのためには、各塾がおこなっている体験授業を受けてみるのがもっとも効果的でしょう。

例えば、タウンライフ塾・家庭教師探しでは地域ごとの家庭教師センターや個別指導塾に対して一括して体験授業の予約をすることができるため、お子さんに合った方法を納得いくまで探すことができます。

「自分の地域にどんな塾があるのか、一括で知りたい」
「家庭教師に興味があるけれど、どこに頼むのがいいのか良く分からない」
「料金体系を比較して、納得のいく個別指導塾を選びたい」

そんな方には、タウンライフ塾・家庭教師探しの体験授業一括予約サイトが便利です。

しかも今なら1,000分のクオカードプレゼント実施中です。

ご興味のある方は、是非公式サイトをのぞいてみてください。

塾探しの公式サイトはこちらから ⇒ タウンライフ塾さがし
家庭教師探しの公式サイトはこちらから ⇒ タウンライフ塾さがし 家庭教師特集

ad

ad

-成績アップの秘訣

Copyright© 東大出身者が教える成績アップの秘訣 , 2019 AllRights Reserved.