はじめての家庭教師

頼むならプロの家庭教師より学生バイトの方がおすすめな3つの理由

更新日:

プロvs学生家庭教師

家庭教師センターのホームページを見ていると、プロ家庭教師による特別指導というようなコースが設けてあるのを目にするかもしれません。

例えば業界最大手の家庭教師のトライでは、「トライのプロ家庭教師」というページで、プロ家庭教師のプロフィールと合格実績を細かく記載しています。

そもそも、あえて「プロ」の家庭教師と名乗るということは、逆に言えばプロではない家庭教師がいるということを意味するわけですが、その大半は大学生によるアルバイトです。これは家庭教師センターを通そうが個人契約で先生を探そうが同じことで、登録されている先生のほとんどはプロではない、大学生によるアルバイト、ということになります。

せっかく子どもに家庭教師をつけるのだから、できれば学生よりもプロにお願いした方がいいのでは、と考える方も多いかと思いますが、このブログを読まれている方には学生バイトの家庭教師をお勧めしたいと思います。その理由について、詳しく見ていくことにしましょう。

プロの家庭教師より学生バイトのほうがおすすめな理由

学生バイトの方が圧倒的に安い

こちらの記事でご紹介したように(家庭教師を1ヶ月つけると、結局いくらかかるの?)、現在のところ学生の家庭教師の時給は1,500円〜2,000円程度といわれています。

一方でプロ家庭教師と呼ばれる人たちの時給は低くても5,000円、高ければ1万円や2万円となる場合もあります。

それではプロの方が学生バイトに比べて3倍も4倍も成績を上げてくれるかといえば、そんなことはないでしょう。

この価格差は一体何か。それはプロ家庭教師の立場に立ってみれば分かります。

この人達は文字通りプロとして、家庭教師でご飯を食べている人たちなんですよね。例えば1ヶ月に20回程度指導に入るとして、1回の授業料の手取りが1万円だとすると月収20万円になります。先生の年齢や立場にもよるでしょうが、月収20万円では専業の家庭教師としてやっていくにはかなり心細いですよね。逆に言えば1授業の手取りが1万円というのが、プロとしてやっていくための最低ラインになりそうです。実際のところプロ家庭教師だけでご飯を食べていくのはかなり大変ということになりますので、多くのプロ講師は塾や予備校などでも指導しているケースが多いようです。

このように、プロ家庭教師の時給というのはその質によって決まるというよりは、先生たちの月収から逆算してつけられている場合が多いのです。そうやって考えると、学生バイトとの料金差というのは指導力だけで決まるものでもなさそうですね。

学生の身近さが良い場合もある

学生バイトによる家庭教師の魅力、その2点目は学生ならではの「身近さ」にあります。

年齢差という単純な意味でも、学生バイトは生徒にとって非常に身近な存在です。大学生の多くは20代前半の若者ですので、生徒との年齢差は10歳もない場合も多いでしょう。勉強というのはテストの成績をただあげることだけでなく、どのように生活するのか、どうやって悩みを解決していくのかといった人生に直接関わるような内容と絡んでいくものです。そんなときに年の近いお兄さんお姉さんが近くにいてくれることは、心強いことでしょう。

このような精神的な支え以上に重要なのが受験に対する感度です。

大学生の場合、受験を経験したのはほんの数年前になります。そのときの苦労、きつかったこと、そういったことを当時のままの鮮度で生徒に伝えることができるのは学生にしかできないことでしょう。

もちろんプロ家庭教師も大学受験に関する知識は相当に持っているでしょう。受験制度や対策に関する知識は学生バイトよりもはるかに多いかもしれません。それでも、実際に受験という修羅場をくぐり抜けたばかりの学生バイトのもっている経験談はプロ家庭教師では出せないものでしょう。

学生バイトの求人の方がはるかに多い

最後に家庭教師業界のマーケットという観点から、プロと学生バイトを比較してみましょう。

実は学生バイトの時給というのはここ数年でかなり下がってきています。実際、私が学生だった10年程前は家庭教師を時給3,500円でやっていましたが、今この条件のバイト先を探すのはかなり大変でしょう。

インターネットが普及することで個人間どおしのマッチング、いわゆる個人契約による家庭教師探しがかなり普及してきました。誰でも気軽に家庭教師を始められる環境が整ったおかげで、市場としては買い手に有利な状況になってきたのです。家庭教師を使う側からすれば、学生バイトを安く探すことができる時代になったというわけですね。

参考記事 ⇒ 家庭教師を個人契約で探すには?もっともお得な方法について調べてみた。

一方でプロ家庭教師のマーケットは縮小しているものと思われます。さきほど述べたように専業の家庭教師で食べていくだけでも大変なうえに、学生の時間単価が下がり続けている中で、生活できる水準の報酬で家庭教師をすることができるプロの数は本当にごくわずかとなってきました。

個人契約の掲示板に家庭教師の依頼を出せば、地域や条件さえ整っていれば多くの候補者が手を上げてくれるでしょう。このような入れ食い状態の中で、あえて高額のプロ家庭教師を雇う必要はないというのが私の結論です。

それでもプロに依頼した方が良い場合もある

このように一般的な場合においては学生による家庭教師で十分だと思われますが、プロ家庭教師を雇った方がよい例外的な場合もあります。それは、超難関大学中学受験を志望するケースです。

いうまでもないことですが、東大を受験しようと考えている生徒を指導することができるのは、東大に入る実力のある先生だけです。東大に合格できる実力がない学生が、東大の過去問を解けるわけがないのです。

医学部の受験も難易度的には相当高くなります。東大の理科1類よりも入学難易度が高い医学部もたくさんあります。そうした大学の入試問題を解けるのは、大学生の中でもほんの一握りでしょう。

また中学受験はかなり特殊な業界のため、指導力のあるプロの方が効果が出やすいでしょう。

このような特殊な受験をする場合は、経験豊富で学力も高いプロの家庭教師を雇うことをお勧めします。

まとめ

このように特殊な場合を除けば、コストパフォーマンス的にはプロ家庭教師よりも学生バイトの方がはるかにお得です。

このブログでは1ヶ月の家庭教師費用の適正価格を3〜4万円と設定しています。勉強以外の分野でパーソナルトレーナーをこの価格で雇うことはほぼ不可能でしょう。そのくらい、家庭教師というのは費用対効果の高い例外的な教育法なのです。

家庭教師を効果的に使って、短期間でお子さんの成績アップを目指しましょう!

家庭教師を選ぶ際に重要なのは、結局のところどんな授業を受けられるのかに尽きます。そのためには、各家庭教師センターがおこなっている体験授業を受けてみるのがもっとも効果的でしょう。

例えば、タウンライフ塾・家庭教師探しでは地域ごとの家庭教師会社に対して一括して体験授業の予約をすることができるため、お子さんに合った家庭教師を納得いくまで探すことができます。

しかも今なら1,000分のクオカードプレゼント実施中です。

体験授業の予約サイトはこちらから。⇒ タウンライフ塾・家庭教師探し

ad

ad

-はじめての家庭教師

Copyright© 東大出身者が教える成績アップの秘訣 , 2020 AllRights Reserved.