はじめて家庭教師を選ぶ時に知っておきたいこと

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_m

学校の成績が下がってきたり、せっかく塾に通わせているのについていけなくなったりと、お子さんの勉強は気がかりなことばかり。

家庭教師はそうした悩みを解決するのにうってつけの教育サービスです。

だけど家庭教師って高そうだし、高額な教材を売りつけられるという噂を聞くし、、、と心配なことがたくさんある人も多いのではないでしょうか。

ここではそうした家庭教師に関する基本的な知識や注意点を、一つ一つ丁寧に解説していきたいと思います。家庭教師を検討する前に、是非ともここにある記事を一通り読んでみてください。そうすればあなたもきっと、家庭教師の事情通になれるはずです。

家庭教師の料金は?

家庭教師をつける際にもっとも気になるのが料金でしょう。実は家庭教師業界はあまり料金を表に出さないことで有名です。いったいいくらまでなら払っていいのか、まずは料金に対する知識を身につけましょう。

家庭教師は誰に頼むのがいいの?

家庭教師を頼む場合、大学生のアルバイトに頼む場合と、家庭教師を専業としているいわゆるプロと呼ばれる人たちに頼む場合の2つのケースが考えられます。

大学生のバイトとプロのどちらを使うのが良いのかというのは、一概にどちらとは決められません。それぞれメリット・デメリットがあるからです。ただ、もしも特別な事情がないのであれば、まずは大学生のアルバイトを検討してみてはどうでしょうか。驚くほど低いコストで大きな成果を上げられるかもしれないのです。

どんなときに家庭教師を頼むのがいいの?

家庭教師を頼む際に忘れてはいけないのが、なんのためにつけるのかという目的意識をはっきりと持つこと。この点をはっきりさせておかないと、せっかくつけた家庭教師も無駄になりかねません。

家庭教師がもっとも有効なのが、学校の成績アップです。集団授業ではついていけなかった子も家庭教師の先生と一緒に歩んでいくことで、短期間で成績を上げることができるようになるでしょう。

家庭教師のもう一つ活用法が受験対策です。特に中学受験は特殊な知識が必要なため、しっかりとサポートしてくれる専門家を活用するのが難関校の合格への近道となります。

どうやって家庭教師をみつければいいの?

家庭教師を見つける方法は大きく分けて2つあります。

一つ目の方法はインターネット上にある掲示板などを使って個人契約で探す方法。

そしてもう一つは家庭教師派遣センターに登録して先生をみつけてもらう方法。テレビCMでおなじみの家庭教師のトライなどは派遣センターの一種ですね。

個人契約と家庭教師センターのどちらが良いのかというのはなかなか難しい問題です。金額のことだけ考えれば個人契約が断然お得ですが、個人契約の場合はいろいろとハードルもあります。これについては別の場所で詳しく解説してありますので、そちらをご覧ください。

家庭教師のトラブル

本来起こってはいけないことですが、家庭教師をつけた際にトラブルに見舞われることもあります。どういったことがトラブルとして起こりうるのか、トラブルが起こった場合にどうしたら良いのか、こちらの記事が参考になると思います。

更新日:

Copyright© 東大出身者が教える成績アップの秘訣 , 2019 AllRights Reserved.